(FAQ64)
Go Shop!


Index

Back  







タトゥーの出願公開
I'zShellCraftでは、タトゥーによるカラーリングを特許出願していましたが、それが特許庁の公開特許広報に掲載されました。

シェルスプーンのブランクに彫り込みでペイントする「タトゥー」。

例えば夜光貝に、蛍光赤レインボーカラー等のタトゥーを施すと、シェルの視認性が高まるとともに、夜光貝本来の色が引き立ち、実に圧倒的な威力をもたらすことができます。

樹脂コーティングしたシェルスプーンに彩色することは容易ですが、コーティングやエアブラシに手間を要し、そして何よりも、水に濡れて色が変わるという無垢の特性が失われてしまいます。

反面、無垢のシェルはペイントをはじくので、そのままでは彩色することができませんでした。
これら従来の問題点を解決したのが、I'zShellCraftの「タトゥー」なのです。

公開特許公報は、特開2013−000117です。
ご興味のある方は是非ご覧ください。
Scottyコンパクト・マニュアルダウンリガー1050MP
ダウンリガー・電動式とマニュアル式
ダウンリガーにも電動式とマニュアル(手動)式があります。
どちらが良いのかとよくご質問を頂戴します。

電動式のダウンリガーは私も使っていますが、巻き上げが自動なので便利です。
しかし、重くかさばり、また専用の頑丈なマウントが必要です。
(FAQ41「ダウンリガーのマウント」をご覧ください)

そして、電動式はレンタルのボートを借りる度に配線をする必要があります。
これは自前のボートでない限り、かなり面倒です。

琵琶湖でもレンジは20メートル、深くとも30メートル位なので、ダウンリガーもマニュアル式で十分です。

重めの8lbのウェイトボールを使っていたとしても、Scottyの1050MPは横型リールなので大して力もいらず、
またスプール径も大きいので巻き上げはかなり速いです。

私も、1週間くらい転戦するときは荷物を減らす必要があるので、琵琶湖でもマニュアルの1050MPを使っています。

小型ボートやレンタルボートが多い日本のボート事情を考慮すると、やはり軽量でコンパクトなScottyの1050MPがベストです。

ドルフィンシルエットMidgeTrollタトゥーUV蛍光赤レインボーカラー