(FAQ50)
ダウンリガーのアトラクター
ダウンリガーには、レッドコアラインではできない集魚のタクティクスがあります。
ここではそれを紹介したいと思います。

1.UVライト
ルアーに紫外線発光塗料(超ケイムラ)を用いたときに、特に有効です。
ダウンリガーのウェイトボールやケーブルに、イカ釣りなどで使用される水中ライトを取り付けます。

水中ライトは紫外線を発光するもので、ルアーの紫外線発光塗料を効果的に光らせることができます。

水中ライトの大きさは、小さい方で直径が1.5センチ、長さが7センチくらいです。
タトゥー超ケイムラ(PAT.P)のシェルスプーンをディープゾーンで使用するときには、絶大な威力を発揮するでしょう。

水中ライトはダウンリガー側に取り付けるため、ロッド側には負荷はかからず、また、ルアーのアクションに
影響が出たりすることもありません。

レッドコアラインにはまねのできない、ダウンリガーだけに許されるアトラクターのタクティクスです。
5.チャムバッグ
これは海のトローリングでよく使われるアトラクターです。
ダウンリガーのウェイトボールかケーブルに、チャムバッグと呼ばれる撒き餌の袋を取り付けます。

日本のレイクトローリングには不向きかもしれませんが、何か応用が利く気もしますね。
これもレッドコアラインにはまねのできない、ダウンリガーだけに許されるアトラクターのタクティクスです。

Pro-Troll Black Box

3.Black Box
ブラックボックスは、ダウンリガーのケーブルを介して、水中に非常に小さな電荷を配置するデバイスです。
サーモンやトラウトをはじめとするフィッシュイーターの多くは、意外なことにこの電荷に引き寄せられます。

ブラックボックスは本場アメリカでは使用される頻度が高く、ScottyをはじめとしてProTrollやCannonなど複数のメーカーがこれを製造しています。

かつては非常に高価でしたが、最新のものはコンピュータチップ技術によってより安くなり、またパフォーマンスもより向上しているようです。

チャミングバッグというコマセ袋をダウンリガーのケーブルに付ける手法もありますが、ブラックボックスの方がスマートでクールです。

私はProTrollのものを1つ購入しました。
到着が間に合えば、今シーズン中に琵琶湖でテストしてみたいと思っています。

ブラックボックスについては、FAQ12にも「Black Box」として記述しています。
是非ご一読ください。
2.直づけフラッシャー
ダウンリガーのウェイトボールやケーブルに、フラッシャーと呼ばれる回転するドジャーのような集魚板を
直づけします。

フラッシャーは旋回するように設計されているため、ドジャーのようにロッド側に取り付けるとラインが
捩れやすい欠点があります。

しかし、ダウンリガーのウェイトボールやケーブルに直づけすることで、フラッシャーによるロッド側ラインの
負荷をなくすことができます。
これもレッドコアラインにはまねのできない、ダウンリガーだけに許されるアトラクターのタクティクスです。

UV水中ライトとI'zShellCraftタトゥー超ケイムラシェルスプーン

Go Shop!


Index

Back  







4.インラインスピナー型フラッシャー
ダウンリガーのケーブルに、インラインスピナー型フラッシャーと呼ばれる特殊なカウベルを取り付けます。

インラインスピナー型フラッシャーは、縦のケーブルに多数のブレードを鯉のぼりのように取り付けた新しいタイプのアトラクターです。

Bechholdのダウンリガーケーブル・アタッチメントは、3フィートか5フィートのケーブルに6個か10個の魚型の特殊な回転ブレードを取り付けています。

魚型ブレードは、S字型のスプーンのようなプレートの尾部に斜めに飛び出るフィンを付けたもので、このフィンで回転する際に、S字型のプレートによって躍動するのが特徴です。
http://www.fishcatcher.com/downrigger.php

Bechhold フィン付きフラッシャー