(FAQ49)
とある天然湖の大岩魚
かつて私も一度だけ訪れたことがある福島の広大な天然湖。
私はカヌーしか持っていなかったので素通りしてしまいましたが、今、凄いモンスターが釣れているようです。

お便りをいただいたのは、ダウンリガーやグラスソリッドロッド、そしてシェルスプーンを買っていただいたクルーザーオーナーの方でした。

なんと、レイクトローリングは初めてなのに、しかもこの暑い8月に60pの大岩魚をヒットさせてしまいました。
(ヒットルアーは夜光貝のタトゥー超ケイムラ・レインボー蛍光赤)

魚探に映った12mラインをダウンリガーで正確にトレースしていたところ、ドゴーンといきなりヒットしたようです。

クルーザーなので最低速度が速かったのですが、それでもダウンリガーであると、正確なレンジを容易にトレースできたとのことでした。

この天然湖は、日本で4番目に広いかなり大きな湖で、60〜70pのイワナやサクラマスがかなりの数釣られています。

私も再訪してみたいのですが、和歌山からは少し遠すぎますね。
関東圏の方は一度行かれてみてはいかがでしょうか。

レンタルボートもあるようです。
http://ameblo.jp/bandaimarine-fishing/

広大なエリアを攻めるオープンウォータートローリングには絶対にダウンリガーが有利です

I'zShellCraftカッティングステッカー
I'zShellCraftのカッティングステッカーです。

車の後部ガラスや側部ガラスに貼っていただけます。
転写式で文字だけがガラスに残ります。

幅約20p、耐久性の高い美しい文字のステッカーです。

1枚300円、Shopにて販売しています。

発送は、定形外普通郵便で120円です。
3枚まで120円で発送させていただきます。

ドルフィンシルエット夜光貝タトゥー超ケイムラで釣れたビワマス

書きかけの手紙
奥利根湖は一度は行ってみたいと思っている所です。
私は山岳渓流の釣りも好きで、湖水に流れ込む沢はイワナの沢だと聞いています。
湖自体としては、もしかするとサクラマスよりもイワナの方が多いのかもしれませんね。

イワナの多いダム湖では、私はドジャーは使いません。
ドジャーはサクラマスの群れに見えるようで、数や遊泳力に劣るイワナはこれを嫌うからです。

さて、奥利根湖と似ているかもしれない湖、私がよく通った中部地方のダム湖の話をしましょうか。
ここは、昔はイワナとサクラマスが半々でしたが、今はサクラマスやサツキマスの方が多いです。

この湖で左右に1本ずつロッドを出すとします。

まず1本はドジャー000番にショートリーダー・シーガー2号40pを介して、40mm,50mm,60mmくらいの夜光貝か日本アワビをつけます。
夜光貝はMidgeTroll のタトゥー超ケイムラ・蛍光赤かオレンジ、アワビは色は何でも良いけれど動きの良いものです。

このときのドジャーのロッド側のリーダーは、やはりシーガー2号で8m前後です。
これは、仕掛けをドジャーなしに切り替えるときに便利なことにもよります。
根掛かりするとドジャーの上から切れてしまいますが、割り切ってあきらめています。

一方、もう1本のロッド。
これには、ドジャーなしで、リーダーを8mくらい取り、70mm,80mmクラスのシェルスプーンをそのままつけます。
70mm,80mmクラスはあくまで基本で、コンディションにより、60mmや90mm,100mmクラスのシェルスプーンをつけるときもあります。

そして、これら2本のロッドのうち、どちらか一方に反応が偏るときは良い方のリグに統一することもあります。

さて、氏のリグについて思うのは、まずロッドとドジャー間のリーダーが5号では太すぎるかもしれないということです。
私は琵琶湖ではリーダーはシーガーの4号を使いますが、これは巻き上げ時のドジャーの回転による糸よれを防止するためです。

琵琶湖では、ラインアウト量が100mを超え、しかもボートは止めないので巻き上げ時にはドジャーはかなり回転します。
また、広大な琵琶湖では魚がすれていないため、リーダーを4号と太くしても大丈夫なのです。

奥利根湖はきっと魅力的なところだと思います。
60p以上のモンスタークラスは必ずいるでしょう。

今回はそれらの魚を釣るために、ドルフィンシルエットの最も使いやすいサイズをお送りしたいと思います。
また、ドジャーにつけるシェルスプーンとして、以前お送りしたMidgeTroll タトゥー超ケイムラの40mm前後のものを使用することをお勧めいたします。
30mmより下の極小のシェルスプーンは、魚がヨコエビという小さなエビばかりを捕食しているパターンに有効です。
このようなパターンの読みが最も難しいですが、やはり基本のリグから試していく方が良いと思います。

レイクトローリングは意外と奥の深い釣りです。
キャスティングに比べて、モンスタークラスに出会える確率はかなり高いと思いますので、がんばってください。
Go Shop!


Index

Back