(FAQ81)
ルアーアクションの実釣調節
最近では、ダウンリガーのウェイトボールに装着した水中ビデオでトラウトの実際のチェイスを見ることができます。

例えば、http://www.youtube.com/watch?v=-b9joPVCH9g

このような映像で、ドジャーに引き回されるルアーについて行けずに、食い損ねているトラウトをよく見かけます。

一般的に、ドジャーのリーダーを短めにした方が、ルアーの動きをより派手にして目立たせたり、不規則でトリッキーな動きを与えたりすることができます。

しかし、先日の琵琶湖のフィールドテストのように、トラウトが完全に「食い」の状態にあるときには、トラウトのミスバイトを避けるために、あえてドジャーリーダーを長めにしてルアーの引き回しを緩くし、トラウトが咥えやすい状態にした方が良い場合もあるようです。

特に、中小型がスレでかかるようなときには・・・
これら小さめのトラウトは俊敏でルアーの引き回しについてこれますが、60pを超えるような大型は小回りがきかないので、チェイスはあってもバイトには至らない。

このようなときは、前記のようにドジャーリーダーを長めにしたり、ボート速度をデッドスローにしたり、ボートを一時的に止めたりして、ルアーアクションをわざと殺し気味にするのも良いかと思います。

小型がスレでかかるようなときには・・・

Go Shop!


Index

Back