(FAQ78)
フラッシャードジャー夜光貝
新製品の夜光貝フラッシャードジャー(PAT.P)です。
ドジャーと同じ振り子のようなウォブリングによって、夜光貝の貝光を水中に広く放射します。

このフラッシャードジャーは無垢の夜光貝のプレートからなり、低速と中速でドジャーの振り子アクション、高速でフラッシャーのローテート(旋回)のアクションをします。
フラッシャーのローテートは、ボートの走行に伴い、水中をスパイラル状に移動するアクションをします。

全国的に夏のパターンになり、トラウトは金属色のドジャーにはスレてきています。
この夜光貝フラッシャードジャーはイワナにも効き目があり、はかり知れない威力を秘めています。

なお、ロッド側のリーダーは、撚れを防ぐためにフロロカーボーン等、モノフィラメントの4号程度をお勧めします。

3連スイベルの方が前で5連スイベルの方が後ろになります。
Go Shop!


Index

Back  







フラッシャードジャー白蝶貝、まばゆいばかりの反射光です。

一見何の変哲もないようですが、実はきっちりとドジャーのアクションをします

フラッシャードジャー白蝶貝
同じく新製品の白蝶貝のフラッシャードジャー(PAT.P)です。

白蝶貝にはパールホワイトとゴールドイエローの2種類がありますが、いずれも、さながら太陽のような強烈な貝光を放射します。

これらシルバーとゴールドのシェルの強い光は、自然のドジャーの振り子アクションによって水中に広く放射されます。
夏のパターンになっていたり、ボートが多く警戒心を持つような場合は、トラウトは金属色のドジャーにはスレてきています。

さて、このフラッシャードジャー白蝶貝、フラッシャードジャー夜光貝とどちらが良い結果を出すのでしょうか。

琵琶湖のテストでは五分五分でしたが、小さいというハンデがあったことを考慮すれば、その日は白蝶貝だったかもしれません。
白蝶貝と夜光貝のフラッシャードジャーの使い分けは、シェルスプーンのそれに似ていると思います。