(FAQ533)
ダウンリガー・リリースクリップからのライン長
「ダウンリガーで、リリースクリップからルアーまでのラインは、どれくらいとるものなのでしょうか?
また、リリースクリップに挟みこむラインは、ナイロンかフロロカーボンになるのでしょうか?」
というご質問をいただきました。

リリースクリップからルアーまでの長さは、だいたい2ヒロ、3~4mが基本です。
このくらいにしておくと、広角の魚探に映る範囲にルアーを流すことができます。
すなわち、ルアーのすぐそばの反応が、魚探でダイレクトに見られるということになるのです。

一方、リリースクリップに挟みこむラインは、フロロカーボンやナイロンのモノフィラメントになります。

リール糸がPEラインであっても、リリースクリップが挟む部分は、先糸として
上記のようなモノフィラメントのラインを使用し、クリップが挟むテンションを安定させます。

ちなみに、ものぐさな私は、リール糸から先糸まで通しのフロロカーボン2.5号です。

日本では、小さめのリリースクリップ。長めのワイヤー付きが使いやすいです。

Go Shop!

FAQ Index

Home