(FAQ472)
ビワマスの解禁

12月のビワマス解禁まで、あと1か月ほどになりました。
11月より滋賀県のR1-R2シーズンの申請受付が始まります。
https://www.pref.shiga.lg.jp/kaiku/oshirase/306896.html
郵送による手続きは、今からでも良いと思います。

遊漁期間は、今年も一般遊漁者は6月末まで。
これに対し、ガイド船遊漁者は9月末までです。

さて、ガイド船遊漁者のみが釣りができる7月から9月、
この最盛期の3か月の遊漁期間の差別について、
思うことがありましたので、滋賀県の担当部署に一筆書かせていただきました。

「ビワマス調整委員会殿
ビワマスの制限サイズについて
現在は、30㎝以下は持ち帰らないという規則となっています。
しかし、「40㎝未満あるいは少なくとも35㎝未満は持ち帰らない」
とする方が、より効果的なビワマス資源の保護になると思います。

何故なら、これら小さいビワマスは、
翌年まで生きて大きくなる可能性がかなり高いからです。
つまりは、来シーズンに釣るべき魚だと私は思っています。

かかったビワマスが小さいと感じたときに、ロッドのテンションを緩めるか、
ラインをフリーにして出します。
これにより、ビワマスレンジの深い水中でわざと外れさせ、
ダメージを最小限にしてリリースすることが可能です。

そして、このようにビワマス資源を回復させることによって、
一般遊漁者の遊漁期間を、ガイド船と同じ9月末までにしていただけませんでしょうか。

我々、一般遊漁者が釣ることのできない7~9月に、釣り場が独占され、
大型に成長したビワマスがガイド船によって数多く釣られています。

この様子をフェイスブックなどで見ると、
強い不公平感を感じるのは決して私だけではないと思います。
何卒、ご検討をよろしくお願い申し上げます。」

昔は、こんなビワマスも結構釣れたのです。
是非、復活させたいですね。

Go Shop!

FAQ Index

Home