(FAQ39)
セグメント・レッドコアライン
一般に使用されているレッドコアラインシステムはフルラインであり、レッドコアラインを100yardくらいリールに巻いています。
これに対し、セグメント・レッドコアラインは、例えば、100〜200yardのバッキングラインの先にレッドコアラインを1〜4色分連結するような簡易なレッドコアラインシステムです(FAQ6のFull LeadCoreとSegmented LeadCoreも参照)。
簡単に言えば、バスタックルのモノフィラメントの先端に短いレッドコアラインを付けたような入門者向けともいえるラインシステムです。

しかし、このセグメント・レッドコアラインは、例えば早期のレイクトローリングにおいては強力な武器となるのです。

早期のレイクトローリングでは、魚が2〜4色で出ることが多いので、適量のレッドコアライン量、そして軽いタックルでまかなえるというメリットがあります。
また、レッドコアライン量が少ないとスプールの回転がスムースになり、ルアーが小さくてもラインリリースを円滑に行い、手返しを速くして効率的にトローリングをすることができます。

しかし、セグメント・レッドコアラインの威力はこれにとどまりません。
時期にも関わらず、レッドコアラインを10色出すような釣りで、そのロッドとは別に、このセグメント・レッドコアラインのロッドを併用します。

セグメント側はレッドコアラインを例えば4色巻いておき、これをバッキングラインを含めて100yard出したとします。
セグメント側はレッドコアラインが4色しかないので、フルレッドコア側がロッド付近から沈むのに対し、かなり沖側に離れてから沈みます。
この沈み方の違いは、両者のラインが深さ方向に重ならず、絡みにくいというメリットがあります。

さらに、沖側に離れて沈むセグメント・レッドコアラインは、ボートがカーブしたときにフルレッドコアとは異なる軌跡でトレースされます。
すなわち、セグメント側はフルレッドコアとは異なるトレースラインでルアーを曳くことができるので、両者を併用することにより平面的にも広い範囲を探ることができるのです。

ダウンリガーと併用すれば、ロッド6本出しも容易になりますね。


なお、セグメント・レッドコアラインは、バッキングラインは4〜5号を適量、リーダーは4号10〜20mくらいをそれぞれ巻回することをお勧めします。
また、バッキングラインにPEを用いると、ラインを細くできるのでレッドコアラインの沈みを深めにすることができます。
Go Shop!


Index

Back  







ダウンリガーのロッド
ダウンリガーで使用するロッドは、6〜7フィートかその前後のものが使いやすいと思います。

一方、ロッドの長さがアバウトな反面、ロッドのアクションは意外と重要です。よく曲がる柔らかいロッドが適しているのです。

その理由は、ダウンリガーでは、ウェイトによってラインがほぼ真下に引き込まれた状態でセッティングされるため、穂先がこれに追随して水面に向くくらいのアクションが良いのです。

また、リリースクリップとの間の糸ふけを取るために、ラインはぎりぎりまで張った状態にしますが、このとき硬いロッドであると、ボートの揺れなどでラインがリリースクリップから外れてしまいます。

そして、大きく曲がってセッティングされたロッドは、魚がかかってラインがリリースクリップから外れたときに、矢を放った弓が戻るように復元して自動的に合わせをしてくれるのです。

このようなダウンリガーに適したロッドは、ライトジギング等、最近出てきた海のライトタックルと称するロッドの中に見いだすことができます。

見た目では、ガイドが短い間隔でたくさん付いているので、見当がつくでしょう。
ロッドのアクションは、例えて言えば、筏のチヌ釣りの竿に似た感じになると思います。
Yellow Bird Side Planers
アクティブ・プレーナーボード
プレーナーボードはご存じでしょうか?
縦に浮く浮板状のもので、ボートが引っ張ることにより舷側から側方に離れてゆき、仕掛けを40m以上離れた位置まで運んでくれるトローリング・アクセサリです。
Yellow Bird Side Planersが有名ですね。

ところで、YouTubeでおもしろいものを見ました。
http://www.youtube.com/watch?v=Ei9y_Ym37cA&feature=related

これは、非常にアクティブなプレーナーボードですね。
実船から操作して、ワンドの奥などを探れそうです。
ダウンリガー

ダウンリガーはお持ちですか。
まだならカウンターは必須です。

ボートの上は狭く、また揺れているので、
スプール一回転で1フィートというような計算をしている暇はありません。

せっかく正確な棚とりができるダウンリガーです。
純正のカウンターできっちりと棚とりをしましょう。
魚探でウェイト(錘)を確認すれば、カウンターがいかに正確かわかります。

おもりは10ポンドか8ポンド、電動か手動で使い分けます。

リリースからルアーまでの距離は、琵琶湖では4m弱です。
あまり長いと、せっかく魚探でサーチした魚からルアーが離れてしまいます。
なまめかしいリアルなシルエットと立体的なフォルム、そして、ど派手なアクションはそのままに。
RealFish!
新製品の無垢夜光貝、RealFish(リアルフィッシュ)です。
夜光貝ツノ部分をリアルなベイトのシルエットにカットしています。

なまめかしいリアルなシルエットです。
そして、ヘッド部にはタトゥー超ケイムラによりフェイスを刻みました。
アイは立体的なポップアイです。

この異形のシルエットにもかかわらず、I'zShellCraft独特のド派手なウォブリングは変わらずに確保されています。
ウイングスリムからの技術によるもので、もちろん回転などしません。

夜光貝の貝光に加えて超リアルなフォルムとアクション。
トラウトはバイトするしかないでしょう!
セグメント・レッドコアに最適なハイギヤード・シマノTITANOS GT3000

Scotty 1050 Depthmaster Manual Downrigger