(FAQ381)
ミシガン湖からの便り3
英文ではわかりづらいので、日本語の抄訳を書いておきます。

I'zShellCraft のテスターであるPaul氏は、今年、ミシガン湖のミルウォーキーで、友人Grey beard氏のボートに乗った。
Grey beard船長はプロガイドであり、プレーナーボード、ダウンリガークリップ最大手であるオフショアタックル
及びデプスレーダー(ダウンリガーアクセサリーで対流速度計計測器メーカー)のフィールドテスターでもある。

さて、当日のコンディションはかなりタフで、ずっと喰いが渋かった。
クルーであるPaul氏は、どうせダメならということで、I'zShellCraft のシェルスプーンを流してみては?と船長に提案した。

船長は、見たこともない日本のシェルスプーン、ドルフィン・クラシック夜光貝のタトゥーUVが、
果たしてどんな泳ぎをするのか心配で、最初はかなりためらっていた。

多数のリグ(ダウンリガー数基、サイドにディプシー、プレーナーボード、そしてレッドコア)があったが、
結局、捨竿に近い5色のレッドコアタックルのみにI'zShellCraft のスプーンをつけて流すことを渋々承諾した。

ところが、ダメもとの思いで試してみたら、15lbのブラウントラウトがすぐさまかかった。
これはなんだと思って、ダウンリガータックルのロッドにも別のシェルスプーンを追加したら、
コーホ・サーモンがすぐかかった(たぶん、ルアーはウイングスリム夜光貝のタトゥーUV)。

Grey beard氏は、もちろんI'zShellCraft からスポンサードは得ていないから、
他社スポンサードの手前、大きく宣伝できない立場にある。
しかし、I'zShellCraft のシェルスプーンの威力には興味深々であり、
スポンサー会社のために、このシェルスプーンをテストしたいと言っている。

Paul氏曰く、
「私たちがその日, あなたのシェルスプーンを長く使っていたなら,
その日一番のリミットを釣ることができたと確信しています。
あなたのシェルスプーンには、素晴らしい動きと輝きがあり、また精密で見事に細工されています。
あなたのシェルスプーンをテストさせてくれてありがとう。」

テスターをしていただいているMr.Paul

I'zShellCraft ドルフィン・クラシック夜光貝タトゥーUV

Go Shop!


Index

Home