(FAQ37)

ProSpecフックシステム

夜光貝Area&Trollタトゥーレインボー蛍光赤
必殺のシェルスプーン


例えば琵琶湖など、ここで必須なのが夜光貝Area&Trollタトゥーカラーです。

この極小のシェルスプーンは、への字型に屈曲した円弧の強いフォルムを持ち、他のシェルスプーンでは追随できない細かく激しいウォブリングをします。

琵琶湖ではドジャーを使いますので、ドジャーとこの非常に小さな夜光貝のセットはきわめて強い効果があります。

レイクトローリングでは、40ミリ前後、ときには30〜35ミリというサイズが必ず必要になるときがあります。
食いの渋いときや、魚がヨコエビを補食しているときが特にそうです。
もちろん、オールマイティに定番ルアーとしても使えます。

カラーは、蛍光赤オレンジ、そしてこれらのレインボー超ケイムラなどがよいでしょう。
もちろん、ブルーグリーンとのローテーションも非常に有効です。

私の知っている狭い範囲で60アップが3本、実際にはもっと釣られているでしょう。

小さいが故に、夜光貝の派手な白が生きてきます。
また、このルアーは今年の新作で、まだあまり使われていないという点からもお勧めいたします。


そしてダム湖など、ドジャーを使用する他の湖でも同じことがいえますね。

夜光貝Area&Troll、実はこれは必殺のシェルスプーンなのです!
岩魚50cmと夜光貝タトゥーレインボー
SHOPでクレジットカード

SHOPでクレジットカードのご利用が可能になりました。
VISA/MASTER/DINERS、コンビニエンスストアがご利用いただけます。

SHOPは、私のルアーをバーゲン価格でお届けしています。

いつでもお買い求めができますので、お急ぎの場合もOKです。
オークションとは異なり、ほしいルアーが確実に手に入ります。

よろしくお願いいたします。

夜光貝ウイングスリム・タトゥー超ケイムラ蛍光赤

タトゥー超ケイムラ

「ケイムラ」は、人には見えなくても紫外線に反応して光る蛍光発光体です。

可視光線が届かない深いエリアまで紫外線は届きますが、その紫外線に反応して光る蛍光発光体のことを「蛍光ムラサキ」すなわち「ケイムラ」と呼んでいます。

「超ケイムラ」はさらに輝度の高いケイムラ蛍光塗料であり、深場とか濁りにより紫外線量が少なくても反応して蛍光色を発します。


さて、「超ケイムラ」のカラーは、かつてはクリアブルーのみだったのですが、新たにクリアレッドとクリアグリーンが加わり、I'zShellCraft
タトゥーレインボーにマッチするようになりました。

写真のように、紫外線で蛍光発光するため、かなりのアピール力があります。

特に、低水温時の反応カラーとして、また、薄暮時ディープレンジ濁りに対してもそれぞれ強い威力を発揮すると思います。

例えば、ミノーやクランクベイトの定番カラーとして、赤や緑、黄色、青の蛍光色が必ずあるように、「超ケイムラ」の蛍光発光は魚を強く惹きつけます。


なお、魚のスレなどの面から考慮すれば、「超ケイムラ」とこれを使用していない「ケイムラレス」とを使い分けるのがよいでしょう。

例えば、タトゥーの蛍光赤とクリアオレンジを使い分けるように、状況に応じてアピール力の強弱を選択し、「超ケイムラ」「ケイムラレス」
使い分けるとよいと思います。

*注
「超ケイムラ」は、夜光塗料(蓄光塗料)ではありません。
使用前に蓄光するなどの所作は何ら必要なく、普通にそのまま使用することができます。
ProSpecというフックシステム

I'zShellCraftが恒常的に採用しているフックシステムは、がまかつ社のサイワッシュフックのツイン仕様である。

同社のサイワッシュフックは、その形状やワイヤ径が私のシェルスプーンに最適であり、アクションが出しやすく、
高速で曳いても予測しうる動きを提供してくれる。

また、ProSpecに比べ、シャンクが剛直であるため、根掛かりを外しやすいというメリットもあり、高価ではあるが使いやすく、
カラフトというブラックモデルもある。


一方、ProSpecと私が呼ぶフックシステムは、極細のチヌ針をケブラー糸を幹糸としてケブラー製根巻き糸で巻いた、いわゆるチラシ針である。

ProSpecは、ハリが極細の餌針であるためフッキング性能に優れ、また、幹糸のケブラーが屈曲するためバレにくいという特性を有している。
これらの点においては、非常に優れていると言える。

ただ、ケブラー糸が屈曲するのと、フックシステム全体の流体に対する抵抗が小さいためにアクションの調節が難しい。
また、サイワッシュフックが2本とも常に縦の姿勢を保つのに対し、ケブラー糸では必ずしもそうはならない。

さらに、対応できるシェルスプーンが今のところ70mm台以下に限定的であるという問題もある。
そして、自家製であるため、手間と時間を取られるという点が最大の難点であろう。

サイワッシュフックとProSpec、両者は一長一短であり、適材適所であろう。
当面の基本フックシステムは、サイワッシュフックになると思う。
Bargain Sale!

ホームページからもお買い物ができるように「Shop!」のコーナーを新しく設けました。

銀行振込やゆうちょ振替のほかに、
クレジットカード(VISA/MASTER/DINERS)やコンビニエンスストアの決済もご利用いただけます。

バーゲン価格でお届けしています。

いつでもお買い求めができますので、お急ぎの場合もOKです。
オークションとは異なり、ほしいルアーが確実に手に入ります。
Go Shop!


Index

Back