(FAQ355)
関空での通関

3月に入ってダウンリガーが飛ぶように売れ、在庫が一気になくなりました。
船便ではすでに手配済みだったのですが、到着が4月になります。
そこで、急きょ航空便で手配し、昨日関空で通関してきました。

しかし、おそらく7、8年ぶりの関空。
まず関空島で道を間違い、連絡橋に追い込まれて元の泉南に戻されました。
Uターン等ができないので、変な場所に行ってしまうと自動的に連絡橋に戻されます。

ため息をつきつつ、2度目の連絡橋を渡り、今度は慎重に税関方面へ。
途中にはゲートがあり、車や身分をチェックされます。
今回はJALの倉庫と税関とを行き来して、ダウンリガーを引き取ってきました。

空港での通関は久しぶりでしたが、船舶・港湾系に比較すると、倉庫の人間に雲泥の差があります。
通路で迷っていると、秘書クラスの美人が親切に声をかけてくれます。
倉庫の受付もCAのような制服を来ていて、怒鳴られることは一度もありませんでした。
はは。

それでも、朝5時に家を出て、帰ってきたのはお昼の12時。通関はやはり疲れます。

Go Shop!


Index

Home