(FAQ339)
セルロースのコーティング

例えば琵琶湖など、酸やアルカリ性が強い湖水では、シェルスプーンをコーティングした方がメンテナンスが楽な場合があります。

コーティングはACCEL(アクセル)のセルロースセメントに、3回程度ドブ漬けをしますが、この時厄介なのがスプリットリングやフックの脱着です。

そこで、脱着が比較的楽なフックとスイベルはシェルスプーンから取り外し、スプリットリングはつけたままにしてドブ漬けをします。

ドブ漬け1回あたりのセルロースセメントの皮膜は薄いので、セメントが固まった時点でスプリットリングを回して、アイホールとスプリットリングのバリを取ります。

アイホールには、セルロースセメントとは接着性が低い真鍮のハトメが入れてあるので、アイホールのバリは、スプリットリングを回せばリングに付いて抜けるはずです。
また、スプリットリングも接着性が低いので、セルロースセメントのバリは爪かラジオペンチでとれると思います。

このようにドブ漬けの度にバリ取りをすれば、3回程度のセルロースセメントのドブ漬けであれば、何とかスプリットリングを外さずにコーティングができると思います。
Go Shop!


Index

Home  



スプリットリングを回して、バリをアイから抜きます。