(FAQ325)
ダウンリガー・リリースクリップのケーブル長


北米では持ち船がほとんどで、ボートのサイズも大きいです。
このことから、ダウンリガーを巻き上げた際には、ウェイトボールを手元に引き寄せるリトルーバーと呼ばれる紐のような器具が使用されています。

一方、レンタルボートが多い日本。
リトルーバーを取り付けることもままなりません。

そこで、リリースクリップのケーブル長を、自分の使いよいように長めに自作します。
例えば、Scottyの1050MPであると、ブーム長が約60㎝なので、ケーブル長を80㎝くらいにしておきます。

そうすれば、ウェイトボールは巻き上げた位置に吊り下げたまま、リリースクリップのみを引っ掛けて手元に回収することができます。

リリースクリップを引っ掛けるに際しては、先端がフック状になった1メートル程度の細い棒があれば事足ります。

回収用ロッド

リリースクリップは、ScottyミニパワーグリップPLUSリリースが日本のレイクトローリングに適した硬さでラインを挟みます

Go Shop!


Index

Home