(FAQ311)
老成インド牛の実力

インドでは、ヒンドゥーの教えにより牛を食用にしません。
そのため、ほとんどのインド牛が昔の赤牛のように寿命を全うするまで老成するようです。

I'zShellCraftでは、この老成インド牛の角も材料として、ツノルアーを製作しています。
材料の老成インド牛の角は、プレスされた板状になっていますが、このプレス角板は私がインドの業者に特別に依頼したものです。

一切を削り落とさずに、プレスも最弱で行う。
これにより、ツノルアーに必要な部位や成分を生の角と同様に残すことができます。
実際、作ったツノルアーを水に漬けると、一瞬で銀筋が立ち良く光ります。
ノギが強く出るものもあります。

廉価なのは、プレスされた角板から製作できるので、生の牛角に比べて加工時間が比較的短くて済むからです。
老成インド牛のツノルアー。
その実力は、老成和牛角に匹敵します。
Go Shop!


Index

Home  



両方とも老成インド牛のツノ。良い感じですね。