(FAQ298)
坊主鳥
昔むかし、30年くらい前の話でしょうか。
3月の寒い日に坂本ダムにレイクトローリングに行きました。
早朝から2時前までやりましたが、結果は丸ボーズ。
上陸して休憩していると、空が暗くなりはじめ吹雪いてきました。
さすがにもうやめようということになり、ボートや船外機を担ぎ上げることにしました。

ところで、私はいつも「階段」と呼ばれる場所でボートの上げ下ろしをしています。
「階段」は60度近い傾斜で、てっぺんまで登ってはじめて道路が見えるのですが、ようやく見えた道は一面真っ白で5㎝くらいの雪が積もっていました。

そして、道路上のすぐ目の前には小さな生き物がいたのです。
それは20㎝くらいの子供のフクロウで、まるで小さな雪だるまのようでした。
羽毛でふっくらと丸く、それは実にかわいらしく見えました。

フクロウはおびえる様子もなく、その後、何事もなかったかのようにすたすたと歩き去りました。
しかし、この雪だるまのような子フクロウ。
今思い出すに、達磨、坊主、丸ボーズという連想が・・・
はたして、このフクロウ。坂本ダムの坊主鳥だったのでしょうか。
Go Shop!


Index

Home  



I'zShellCraft老成和牛角もの凄いノギ。生角からの削りだしです。