(FAQ256)
鼻から牛乳

神社の2年参りではありませんが、前年から2年越しの風邪をひいています。
ようやく治りかけていますが、治療の一つは鼻うがいでした。

通常の鼻うがいは鼻から水を入れますが、私の場合は、通常のうがいで空気を鼻に抜く方法です。

天井が見えるほど仰け反り、のどのうがいをしながら空気を鼻に抜くようにします。
一度鼻に水が回れば、あとは容易に鼻うがいをすることができます。
うがいが終わった水は、うつむくと「鼻から牛乳」のように自然と鼻から流れ出ます。
2、3回やれば、のどと鼻の奥がすっきりします。

ポイントは、生理食塩水のお湯でやることです。
生理食塩水は、200ccのお湯なら2gの食塩を混ぜることで簡単に作ることができます。
「鼻から牛乳」、ぜひお試し下さい。
Go Shop!


Index

Back  



新製品のマッコウ鯨の牙、マッコウ牙のスプーンは日本初かもしれません