(FAQ253)
本象牙CompleteS字・総削り出し


象牙は海のトローリングヘッドによく使われます。
近い物としては、カバの牙もあります。

牙系では、他にセイウチの牙やイッカクの角(牙が伸びたもの)がありますが、ワシントン条約に抵触するので輸入できません。
また、マッコウ鯨の牙も入手が困難です。

さて、本象牙を丁寧にカットしてみました。
牙系は牛角のように曲げがきかないので、総削り出しになります。

原木の厚みを利用して、完璧なS字にシェイプしています。
裏面も深く削り込み、えぐるような深いカップを形成しています。
加工の難易度はかなり高めです。

この本象牙は、光を透過させるとともに、水に濡れると銀筋が立ちます。
内側が黒塗りのお椀に水を入れて浸漬してみてください。
牙系独特の美しいシルキーな銀筋が見られます。
Go Shop!


Index

Back  



総削り出しで、カップが深い完璧なS字。加工の難易度はかなり高めです。