Go Shop!


Index

Back  







(FAQ245)
冬の琵琶湖
もうすぐ12月、琵琶湖・ビワマスの解禁です。
12月も中旬までは穏やかな天気が多いので、楽しい釣りができそうです。

ところで、冬の琵琶湖、表層から底層までがビワマスの適水温になります。
レッドコアラインの4色でも釣れたりする代わりに、広いレンジに魚が散っていて、夏場のようにまとめては釣りづらい状況です。
また、エリア的にも琵琶湖大橋付近まで広く散開しているようです。

そして、肝心のルアー。スプーンは、30~40mm(あるいは20mmクラス)の極小サイズのシェルスプーンが威力を発揮します。
ビワマスは、岩魚やサクラマスのような闘争心ではあまり動かず、捕食しているベイトのサイズでハリ掛かりするように私は思っています。
この冬場の時期は、小さな氷魚やヨコエビを主に捕食しています。

されば、ルアーは極小。
I'zShellCraftの夜光貝MidgeTroll タトゥーシリーズが超おすすめです。
実に小刻みにウォブリングする上に、ドジャーの引き回しによってさらにトリッキーにバイトを誘います。
写真のように、鮭のような大物も釣っていただいています。

スライドウィング夜光貝MidgeTroll タトゥーLuminous

MidgeTroll 夜光貝タトゥー赤系で釣れた66㎝