(FAQ218)
スナップスイベルについて

私の場合、スナップスイベルは使わず、ルアー側のスイベルにダイレクトで糸を結びます。
ユニノットなら10秒でできるでしょう。
ルアーは流水抵抗を受けてアクションするので、ルアーの前にはできるだけ何もない方が良いのです。

例えば、アブのトビー、名作のスプーンです。
しかし、ルアー側のスイベルにさらにスナップスイベルをつけてしまうと、
ほとんどアクションが消えてしまいます。

強いてスナップを使うとしたら、ルアー側のスイベルはそのままで、
エバーグリーンのワイドスナップ0番を使います。

エバーグリーンのワイドスナップは、細くて頑丈です。
ビワマスの60cm upでも大丈夫です。

釣れないとき

あと、私の使うリグは、ドジャーとの組み合わせで夜光貝MidgeTroll タトゥー赤系です。
タトゥーLuminousでもタトゥーUVでも良く釣れます。

40mm前後のMidgeTroll はドジャーとの組み合わせで非常に良く釣れます。
ハリス側のリーダーは、40~60㎝。
私はこのリグをキャンプの食料調達に使用しています。

また、私のシェルスプーンはノンコートの無垢なので、水質によっては表面が白濁することがあります。

ピックアップしたときに、親指と人差し指でつまんで2、3回擦るようにすると、
白濁の防止と、釣れるおまじないになるようです。
Go Shop!


Index

Back  







スナップを使うだけ、これでスナップスイベルになります。