(FAQ196)
ダウンリガー・リリースクリップのワイヤ長
ダウンリガーは、ブームの先端からウェイトボールを吊り下げ、このウェイトボールを上下動することによって、ルアーのタナをコントロールします。

ウェイトボールには、リリースクリップが装着され、このリリースクリップには、ロッドからのラインが挟み込まれます。

リリースクリップは、ワイヤを介してウェイトボールにつなげられていますが、市販のままではワイヤの長さが足りないため、ラインを挟むセッティングの際には、ウェイトボールをいちいち船内に取り込む必要がありました。

ウェイトボールは3、4kgもあるので、この作業は結構やりにくく面倒なものでした。

一方、ダウンリガーを使い慣れてくると、吊り上げたウェイトボールと自分自身との距離がわかってきます。

そこで、リリースクリップのワイヤを、ウェイトボールはそのままの位置でリリースクリップだけを回収できる長さに作り替えます。

あとは、1mくらいのボートフックのようなものを自作し、ワイヤを引っ掛けてリリースクリップを手元に回収するようにすれば、ウェイトボールを触ることなくラインのセッティングができるようになります。

また、リリースクリップのワイヤは、ホームセンターで1mm弱のワイヤとかしめ止用のスリーブが販売されているので、簡単に自作することができます。

必ずしもワイヤである必要はなく、太めのテグスでも作れます。

Go Shop!


Index

Back  







自作の引っ掛け用フックです。