(FAQ188)
フックのデコレーション
琵琶湖で魚探を見ていると、ルアーを見に来たビワマスがUターンして帰るシーンが映ることがあります。

このときは、ルアーの色やサイズが合っていないことも考えられますが、魚がすれていて見切られている場合も多いと思います。

そこで、フック、特にスイミングフックをデコレーションすることが有利になります。

フックのセキ糸として色種が多いフライのスレッドを使用し、例えばオレンジ色などでハリのチモトを巻きます。

瞬間接着剤で盛ってから、ラメの入ったマニキュアで仕上げます。

写真のものがそうですが、フック自体がキャンディのように餌っぽくなります。

このフックのカスタマイズは、琵琶湖ガイドの方々が考え出した工夫でもあります。

これで魚の見切りを少しでも防いで、口を使わせることができると思います。
Go Shop!


Index

Back  







フックはチヌ針でも、ひねりのないものが絡みにくくて良い