(FAQ186)
釣行記2
さて、前日はひどい荒れ模様だった琵琶湖、雨後の風も心配でしたが、2日目は穏やかに晴れました。

ホテルから出て8時過ぎの出船でしたが、いきなり準備中のダウンリガーにヒット。
水深1、2mの表層でした。

その後も、モーニングバイトが続いて、8匹くらいは掛けたでしょうか。

タナは浅めで10m前後、ようやく適水温になったようです。

ルアーは、曇り時はレッドアバロンや夜光貝タトゥー蛍光赤系、パウアシェルの明色系の色が良く、晴れだした時には日本アワビやピンクメキシコが良く釣れました。

また、この時期のルアーサイズは60mmまでの小さめが良く、特に20~40mm台の極小のシェルスプーンが良かったようです。

冬の中の穏やかな日、これを狙って行くようにすれば、短時間で釣果に恵まれます。
Go Shop!


Index

Back  







ホテルから、明け方の美しい湖畔です

冬は穏やかな日が良く釣れます