(FAQ144)
大台ヶ原
仕事の合間を利用し、久々に大台ヶ原に行ってきました。
ここは日本一の降雨量を誇る所で、特殊な植生や地形を持っています。

かつて私はここを起点に、坂本ダムの東の川や大杉谷によく行きました。

前者の東の川には、大蛇嵓という岩嶺からガレ場を600mの標高差で降りたことがあります。

途中、懸垂下降を3ピッチ連続で強いられるなど、6時間かけて沢床に降り立ったときには膝がガクガクになるほどハードな下降でした。

一方、後者の大杉谷は、中流部も巨大な滝が多く有って良いのですが、私は登山道の無い堂倉滝より上によく入っていました。

堂倉滝は、直径50mくらいの大きな釜をもつ落差20mの滝で、これを巻き上がって上流部に降り立ちます。

谷は巨岩が多いゴーロのゴルジュですが、迫力のある景観で大きなアマゴが釣れました。
ザックの重量を10kg程度に切り詰めて、テント泊で上まで抜けるコースでした。

滝上の堂倉谷

大杉谷の堂倉滝

Go Shop!


Index

Back