(FAQ142)
花粉は公害
今年は薬を切らした隙に、久々に花粉症にやられました。
締め切る前の蛇口のように滔々とハナがたれるのはもちろん、微熱が出たのか丸1日寝ていなくてはなりませんでした。
気候が良くなるこの季節なのに、深呼吸もためらわれ、窓を開けることもできません。

googleでいま、「花粉」+「公害」で検索してみると、363000件のヒットがありました。
私と同じ考えの人が大勢いるのがわかりますね。

花粉症は4人に一人というのは間違いだと思います。
医者に行かずに我慢している人はカウントされていないからです。

私は大半の人が、杉や檜の花粉の影響を受けていると思います。
この影響は健康面にとどまらず、景気や生産効率にまで及びます。

そろそろ国が本腰を入れて解決すべきではないでしょうか。
簡単なことです。いらない木を間引くだけの話ですから。
放置された人工林は、過密に植えられた木がもやしのようにひょろ長く育つだけです。

黙っていては伝わりません。
皆さん、もっと怒りましょう。
それがやがて大きくなって、説得力のある世論となるのです。

アレルギーのバケツ説というのがあります。
自分の体内にあるバケツが花粉でいっぱいになると花粉症になるという説です。

バケツの大きさは個人個人で異なりますが、自分のバケツから花粉があふれ出すくらいになれば、誰でも花粉症になるということです。

私もかつては何ともありませんでした。
鼻から牛乳、それは突然やってくるのです。

ドルフィン日本アワビ耳部本耳66mm3.6g

Go Shop!


Index

Back