(FAQ136)
ヘッドシェイクのアクション
ドルフィンシルエットやウイングスリムのシェルスプーン。

これらは、スプーンでありながら、ボディの中心を軸にヘッドとテイルを振るというミノーのような独自のウォブリングをすることができます。
その秘密は、ヘッドがテイルよりも幅広いハンマーヘッドのような形状にあります。

ホプキンスというメタルジグがありますね。
バス釣りなどでは、バーチカルジギングのルアーとして有名です。

このホプキンスはわずか6~7cmの大きさで18gもありますが、キャスティングのリトルーブで何とスプーンのようにウォブリングするのです。
その秘密はやはりハンマーヘッドのような形状。

シェルスプーンの場合は、比重が軽いこともあり、このハンマーヘッドの形状で、さらに変幻自在な独自のウォブリングにチューンすることができます。

例えばミノーのような動きにしても、振り幅はもっと大きく、ときおりスライドアクションも交えて、連続するS字のように蛇行を繰り返す軌跡で水中を移動します。

大きな振り幅でジグザグに水中を移動するこの動きは、逃げ惑うベイトの動きを自然に演出するとともに、遠くからでもよく目立たせることができ、
アピールやバイトを誘う点で非常に有利に作用します。

ドルフィンシルエットとウイングスリム。
ドジャーなしのリグで使用するルアーとしても最適なシェルスプーンでしょう。
Go Shop!


Index

Back  







ウイングスリム(左2個)とドルフィンシルエット(右2個)。
ドルフィンシルエットはデッドスローから使える中低高速に対応。
ウイングスリムは低速から超高速まで対応します。