(FAQ127)
魚探の取付方法
米国製の魚探は、本体をマイボートに据え付けて設置するように設計されています。

しかし、日本のレイクトローリングでは、レンタルボートか、マイボートでもシーニンフやゴムボート等のスモールボートが主流になります。

このようなボートに魚探を据え付けるわけにはいかないので、魚探本体をボートに対し容易に着脱できるように工夫する必要がありますが、これが結構やっかいです。

私は取りあえず、信頼性の高いRAMのマウントシステムを使用しました。

RAMのマウントは、座面が付いた2個のボールを、半裁筒状の1対のアームで挟んで締め付けるようになっています。

そして、上のボールを座面を介して魚探に固定するとともに、下のボールを座面を介してデッキ等に固定します。

上下のボールはそれぞれアームの定位置で回転することができ、これにより、魚探本体は2個のボールを支点に首振りや回転をすることができます。

また、アームの締め付けネジを緩めると、上下のボールをアームから抜くことができ、魚探本体をマウントから取り外すことができます。

さて、この優れもののRAMのマウントシステムですが、そのままでは着脱可能にはなりません。

そこで私は、第一精工のミニラークのクランプを利用しました。

このクランプも優れもので、クランプを縦にも横にも使えるように、直交する2面にそれぞれナットが埋め込まれています。

ボートの舷側に固定するときはクランプを横にし、ゴムボートの座板等に固定するときはクランプを縦にすることで、どちらの取り付けにも対応することができます。

私は、15㎜厚の板にRAMマウントの下のボールを固定し、この板をミニラークのクランプに、元々の取り付けネジで固定するようにしました。
Go Shop!


Index

Back  







木の板より上がRAMのマウント、下がミニラークのクランプです。