(FAQ124)
凄刃
カッターナイフの替刃で凄刃というものがあります。
非常に良く切れ、耐久性にも秀でた優れものです。

私は下敷きなしで1枚だけ紙を切ったりしますが、そのときに特に感じます。
最初から付いている刃は、少し使うと刃がちびるのか、すぐに切れなくなります。

この凄刃・銀(小)は、ホームセンターで50枚入り600円くらいで買うことができます。
私はカッター5本くらいを使用していますが、2年でまだ半分ほど残っています。
良く切れるので刃持ちも良いのです。

一方、切れ味がさらに上を行く凄刃・黒というのがあるので、次回購入しようと思っています。
また、凄刃(大)もあり、この黒は大根のしっぽ切りなど、包丁の代わりに使われています。
その切れ味が想像できますね。

私は鉈やナイフなどの刃物好きです。
包丁は堺の銘が入ったものを使用しています。

きれる方が良いのは刃物も頭も一緒ですね。
切れない刃物は、無駄な力が入るので逆に怪我をしやすいのです。

TAJIMA製の凄刃。これは凄刃・銀です。

Go Shop!


Index

Back