(FAQ120)
琵琶湖解禁2
その後、様々な情報を整理し、この寒冷期に適したタクティクスを考えてみました。

今の状況で釣るとしたら、早朝はまず、レッドコアラインで3〜4色と、6色くらいで様子を見ます。
そして、ダウンリガーでは10mと15mくらいをフォローします。

これで反応を見て、当日のレンジを深めか浅めかを判断します。

もう少し深めかと感じたときは、レッドコアラインを6色と8色に、ダウンリガーを15mと20mにします。

もっと深いと感じたときは、レッドコアラインを8色と10色に、ダウンリガーを15mと20mにします。

しかしまあ、実際に釣りをしてみないとわかりませんが・・・

ただ、この時期に言えることは、レッドコアライン3色でも大型が釣れると言うことです。

食いが立っているビワマスは、むしろシャローにいるかもしれませんね。

また、小バスを食うような状況であるのなら、100mmかそれ以上の大きなシェルスプーンも試してみる価値がありそうです。
Go Shop!


Index

Back  







これは6月の写真です