(FAQ117)
アワビ貼りミノー
ハンドメイドミノーをアワビ貼りにしたルアーは、特にトラウトに対しては絶大な威力を発揮しますね。

このアワビ貼りに使うアワビシートは、もともとは螺鈿細工に使う薄いシートです。
今でこそ、細かく割りの入った柔らかいシートが市販されるようになりましたが、かつてはそのようなものはありませんでした。

螺鈿用のアワビは、原貝を0.1mmにまで薄く削った固い薄貝のシートですが、このシートにカッターで網目状に細かく切り込みを入れ、
さらにそれをローラーでつぶして貼り付けに適した柔らかいシートにします。

さて、切り込みだけで螺鈿シートにローラーをかけないとどうなるのでしょうか。
20年くらい前の昔話ですが・・・

氷が溶け始める頃の黒俣第2ダム、そこに釣行すべく入念な準備をしていました。
私以外に2人の同行者がおり、そのうちの1人がアワビ貼りのハンドメイドミノーを作ってきたのです。

「見てみて、アワビミノーを作ってきたから!」
苦労して作ったであろうハンドメイドミノーを彼は自慢げに見せてくれました。

しかし残念なことに、彼のミノーは螺鈿シートに菱形の切り込みを入れただけで、ローラーをかけてはいなかったのです。

そのミノーは、螺鈿のアワビが粗い菱形に割れた状態で貼り付いており、アワビの菱形に尖った角が所々でコーティングから飛び出ていました。

「ぷっ(笑)、何これ。松ぼっくりみたいやないの」
「くっ(笑)、アワビで口怪我するんとちゃう、岩魚」

彼のミノーは我々を大いに笑わせてくれ、ハードな入山を前にその緊張感を見事に解きほぐしてくれました。

写真がないのが残念です。
実に・・・

残念ながら、これは私のアワビミノーです

Go Shop!


Index

Back