Go Shop!


Index

Back  







(FAQ109)
バラシの防止方法
バラシについてメールをいただきました。
その応答を記述します。

「だいぶ今年はバラシが多かったですね。
リーダーですが3号フロロ10mでやってますがナイロンの方がいいでしょうか?
ドジャーとルアーの間が40cmで、毎年試行錯誤でやってます。」

「リーダーは私は琵琶湖では4号フロロを5m、ダム湖はそれに2号フロロを3m足すか、2号フロロのみを8mでやっています。
ナイロンは水を吸うと劣化するのでスピニングリールくらいにしか使いません。

バラシは、お送りしたロッド、I'zShellCraft The FIRST でほとんど無くなると思います。
バラシはロッドをホルダーから外すときや、ロッドを他の人に手渡すときに良く発生します。
これはわずかでもラインのテンションが緩むからです。

アタリがあったら、スロットルを上げて合わせ、そのままロッドが大きく曲がった状態でホルダーから外すようにします。

固いロッドではこのときのタメが小さくてばれやすいのです。
I'zShellCraft The FIRST は柔らかく、バットも含めて良くしなり、タメを大きくできるのでばれません。」

I'zShellCraft The FIRST
全体が良くしなり、タメを大きく作ってバラシを防止することができるロッドです。