(FAQ103)
根掛かり回収器
ダイワから出ている根掛かり回収器、「LURE CATCHER」を購入しました。

深い琵琶湖などでは全く不要ですが、私が好んでいくダム湖などでは活躍してくれそうです。

ダム湖など、ストラクチャー・トローリングが主体となる湖では、湖岸や湖底ぎりぎりを攻めることが多く、スタンプや沈み岩、沈木等にルアーが引っ掛かります。

そんなときは、ルアーの真上にボートを移動させ、ロッドを何度もしゃくったり、特殊なオモリを落とし込んだりすると、たまに外れてくれることがありました。

専用の根掛かり回収器は持った記憶があまりなく、おそらく決定的なものがなかったり、ロープが邪魔になりそうという理由からだったと思います。

さて、ダイワの「LURE CATCHER」、専用リールが付いたロープが15m。
シンカー部分は5本のチェーンと、このチェーンをルアーの奥まで届ける2本のアームが付いています。

アームのデザインは、アメリカのバスプロ発案のものに近いので使えそうです。
ロープの長さもレイクトローリングにはちょうど良いでしょう。

また、シンカー部分はリール中心の凹部に収納することができ、ベルクロで固定できるようになっています。

まだ使ってないので、肝腎の回収率などわかりませんが、結構な優れものかもしれません。
リールは直径が9cm弱、シンカー部分は100gとコンパクト。
タックルバッグの片隅に充分収まります。

70cmくらいのチェーンを2本足せば、ドジャー付きのリグも回収できるかもしれませんね

Go Shop!


Index

Back