(FAQ101)
テニス肘
1ヶ月ほど右肘が痛むので医者に行ってきました。
渓流で打ち付けてヒビでも入ったかと思っていましたが、診断はテニス肘でした。

腕の筋を痛める症状で野球肘とテニス肘とがあり、原因となる捻れの方向が異なるらしいです。

思い当たるのはダイヤモンドカッターによる原貝の切断工程。
高速ドリルに円盤状のダイヤモンドブレードをつけて貝をカットします。

白蝶貝や夜光貝など切断部が厚かったり不定形であった場合、カッターがぶれるとブレードが貝に咬むことがあります。

これが結構恐ろしく、貝が割れたりするとその破片が飛んできたりします。
しかし、たいていは咬んだブレードの反作用で高速ドリルがはじかれ、それを持つ右腕が跳ね上がります。

おそらくこれが原因でしょう。
無謀にもゴーグル(レンズが暗かった)をつけずに作業をしていたので、どうしても顔が逃げる姿勢になっていました。

テニスもしないのにテニス肘。
レンズの透明度が高い外国製のゴーグルを入手したので、姿勢を正して切断作業をするようにし、治りつつはあるのですが・・・
Go Shop!


Index

Back  







フラッシャードジャー夜光貝、これをカットするときも要注意です。